カテゴリ:

お皿を挽くのは、苦手だったけれど、これも慣れですね~
うまくなるには、数を挽くしかないのです。

でも、ただ100枚挽くより、
色々考えながら100枚挽く方が、絶対うまくなります。
単なる作業+思考
どっちも揃わないと、効率よくはうまくならないと思ってます。

どうせするなら、
「+思考」の部分を付加したいと思うタイプの人です。
遺伝子のせいか、環境のせいかはわかりませんけれど。。。ww





にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



陶芸 ブログランキングへ

カテゴリ:

取手は、このタイミングでつけます。
こういう合体作業は、2つを同じくらいの硬さにしたところで合体させることや、
合体させた後、ゆ~っくり乾燥させることが大事です。
そうしなければ、つなぎ目にひびが入ってしまうんですよね。

何事でもそうでしょうけれど、
ちょっとしたタイミングやコツは、実際にやってみなければわかりませんね。
経験するしかないってやつですww






にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



陶芸 ブログランキングへ

カテゴリ:

夏になれば、水挽きから半日~1日で、この作業に入りますが、
今はまだ、乾燥に2日くらいかかってます。
急き立てられなくて、ちょうどいい感じの季節です(^^;)

水挽きのときに、深さと口径を揃えておいて、
削り作業で、高さと高台の口径を揃えます。
そうすると、仕上がりが、だいたいいい感じに揃います。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



陶芸 ブログランキングへ

カテゴリ:

数年前は、スマホで撮影した動画など、
ものすごく画質が悪かった気がするのですが、
しかも、録画するとすぐに充電しなきゃいけなくなっていた気がするのですが、
最近は、もう、やりたい放題ですね~ww

動画編集も、お手軽になりましたし、
近頃、ちょっぴりはまってます(^^;)

というわけで、
水挽き成形の様子を撮ってみました。

やきもの屋さんには、日常の風景なのですが。。。




にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



陶芸 ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×