これ、なぁに?

カテゴリ:
窯小屋から出てくると、石垣の横にこんなものが(^^;)
DSC_0794
これ、なぁに?
何か植えたの?
こんなところに?
踏んづけるなって意味なんだよねぇ?
けど、超カヨワイ感じで…ww
人間以外は踏んじゃうと思うな…
ってことは、私に言ってる?

とか、あれこれ思いながら、家に帰って、父に聞くと、
冬瓜を蒔いたらしい。。。

窯小屋の前の空いてるスペースに、
冬瓜を這わせて育てる気なのねん。

しかし、これ、元気に育ったら、
その葉っぱの下から、
虫とか蛇とか出てこないよねぇ???
と、今、密かに思っているところ(^^;)




にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

自然

カテゴリ:
自然の中でいいですね~なんて、よく言われますが、
私、実はそれほど好きではなくて。。。
本当は、家から自転車でチャリチャリって行けるような
町中で陶芸したかったんです。

とは言っても、当時は町中に工房を借りられるような余裕もなく、
家のお庭に工房を建てられるような豪邸でもないので、
いかがなものか。。。と思っていたところに、
大昔、祖父が父名義で購入していた山林があったので、
「そこですればいいではないか!」と父が言い出しました。

まぁ、当時は全くの趣味でしたし、
ベランダ陶芸していたわけですから、
壁と屋根があるプレハブを置けるだけでもどれだけありがたいか…と、
それに甘えたわけです。

といっても、山林ですから…、
そして、当時は、本当に誰も使っていなかったわけで、
うっそうと茂った山林を、父が休日ごとに開拓してくれたという…、
そういう場所なんです。

最初のプレハブを置いたころには、
「明るくなったねー」とか、「ここがこんなになるなんてねー」とか、
昔なじみの近所の集落の人たちが入れ代わり立ち代わり
見に来て、「戦時中はここは畑だった」とか、
「子供のころ、この辺でよく遊んだ」とか話してくれたものです。

といっても、私自身は、この近所のおじいちゃんちに時折来る程度で、
この土地にはそこまで馴染みがなかったし、
ムカデは出るし、マムシは出るし、見たこともない虫はいるし、
あのころは、まだキジがいて、それだけはいい感じだったけれど、
台風がくれば、杉の木が折れて、あわや工房直撃みたいな惨事になるし、
「自然って、そんなにいいかい???」って思ってました。

十年を過ぎたころから、
ようやく、ここも悪くないなぁと思い始めた感じ。

例えば、こんな風に紫陽花の芽が出るの、大好きですし、
DSC_0760


毎年、水仙やクロッカス、椿や桃、
季節の花が咲くと、なんだか嬉しくなったり。。。
DSC_0750
でも、花が咲き始めて、暖かくなると、
見たこともない虫がいろいろ出てくるのは
やっぱり嫌なんですけれど。。。

あれこれと手入れをしてくれる父のおかげで、
私でもなんとか自然と共存できているというところかな。

だから、今でも、
「自然の中は、すごくいい!!」とまではいかない。
一人じゃぁ、共存できそうにないから。
まぁ、悪くはないけどね・・・という感じ⁈(^^;)






にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

@dee rooms

カテゴリ:
今日は恒例、dee roomsさんでの陶芸体験ワークショップでした。
少人数で、こじんまり~というか、
リピーターさんばかりで、ゆったり~というか、
いつもの忙しさはどこへやら、
椅子に腰かけて、見てるだけでいいという。。。ww

00530001

「それ、もっと伸ばせます~」とか、
「それ、取れちゃいますよー」とか、
言ってるだけでよいという。。。ww
超ラクチンな教室でした(^^;)

この通り↓、全員、型紙作ってきてるしぃ。。。
DSC_0805

好きなように、好きなだけ(…ではないか)、作ってもらって、
最後は女子力高~いティータイムでした。

DSC_0806

作品は、大切にお預かりしてます(^^)/

ちなみに次回は、10月27日(金)の予定ですー♪



にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

汲み出し

カテゴリ:
今日は、オンラインショップうから汲み出しをご紹介します。
丈より口径が大きいので、汲み出しとしてみました(^^;)

これは我が家でも愛用しているのですが、
小さな赤いお気に入りの茶托にぴったりなんです。
1394

そして、この季節、桜茶を入れると、
と~っても春らしい♪

1392
って、ここは桜茶の写真でしょうよ~、普通。。。(^^;)






にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

カテゴリ:
うつわの豆知識」更新しました♪

汲み出しと言えば思い出すことがあります。
大学生のころ、京都へぶらり一人旅に行ったんです。
清水坂のお店だったと思います。
通りすがりに立ち寄ったそのお店で、
出会ってしまったんですよ~、衝撃的な汲み出しに!

白地に薄いブルーの練り込みの磁器で、
見込み部分に、赤い紅葉が焼き付けてあって、
壊れそうなくらい薄い。。。

セットでしか扱っていなくて、
5個組、2万5千円なり~
大学生には高すぎますー

でも、どうしても諦められなくて、
カードで買ってしまったんです。
まさに、清水の舞台から飛びおりる思いで。ww

今でも、秋が来ると使っていますが、
今では、もう廃窯になってしまった窯の作品で、
つくづく、思い切って買っておいてよかったと。。。

汲み出しの思い出です(^^)



にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

花の季節

カテゴリ:
春は特に、花屋さんが華やかになる季節ですね。

卒業の季節ですし、
お祝いごとにお花をいただくことも多いと思いますが、
通りすがりに、ついつい春らしいお花を…なんてことも(*^^*)

そんな風にして求めた少しのお花を生けるのに
ピッタリなサイズの花瓶をご紹介しています。
1353










にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×