結晶釉の器 やきもの工房 ちぇらみか・しげみ

陶器の表面にキラキラと華が咲く結晶釉の器を制作しています。陶芸体験ワークショップのことや制作の日常を綴っています。

2016年12月

2016最後の窯

今年最後の窯は、少々、課題を残しつつも
いい結晶が出ました(^^)

結晶的には、ほぼ満足。
作品的には、改良の余地ありってところでしょうか。

IMG_1290

来年は、このPrimaのシリーズを
充実させるところから始めてみようかと思っています。

昨年の夏の個展以来、
停滞気味だった制作ですが、
おかげで、十分にあれこれとイメージする時間があったので、
そろそろ手を動かす頃かと。。。

まぁ、流れと気分で動いてるだけとも言えますが。。。(^^;)

そんな私ですが、今年もいい出会いをたくさんいただき、
感謝しております。
ありがとうございました。
そして、来年も、見守っていただければと思います。

どうぞ皆様もよいお年をお迎えくださいませ。



にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

やわらかい陶器のお話

うつわの豆知識」更新しました。

やっぱり、土ものの和食器は、
西洋磁器のようには使いたくない気がします。
備前焼なんかは、けっこう硬めですが、
それでも、焼き締めなので気を使います。

でも、そういうちょっとした気を使ってあげることが、
器と仲良しになる秘訣かもしれませんね(^^)


にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

クリスマスな雰囲気⁈

クリスマスはいかがお過ごしでしたか?
フェイスブックには、楽しそうな写真が続々とアップされてましたね。

私は、そ~んなに、クリスマス♪っぽくなく、
イブは、仕事で、
日曜日も、なんだか朝からバタバタと過ごしてしまいました(^^;)

まぁ、晩ご飯くらいは、ちょっぴりクリスマスっぽくと思って、
近所のお肉屋さんで、鶏を焼いてもらいましたー
普通に照り焼きですが。。。(^^;)

00230001

ロブスターを冷凍してたので、
張り切って、普段は牛乳のところを生クリームにして、
ベシャメルソースを作ったものの、
ソースが多すぎて、エビはどこだい?って事態になってしまった。。。

「これ、何?」って言われそうなので、
急遽、エビの尻尾を飾りに付けたという始末。ww

しかも、エビの濃厚さがちょっと足りない。。。
(これは、私のせいではなく、エビさんのせいだよね?)

とりあえず、スパークリングワインをあけて乾杯しました。
まぁ、そんなこんななクリスマスの夜でした。

そうそう、結晶釉の器は、
クリスマス料理にはピッタリでしょう?
って、これが言いたかったの(^^;)



にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

重箱

重箱、完成です!
IMG_1272

いちおう・・・ですが(^^;)

IMG_1274

見えないところのアレや、
見せられないところのコレはあるのですが、
IMG_1276
一応、家用なら使えます(^^;)
さて、なんちゃっておせち(?!)を入れなくては。。。

って、お正月の話をしてますが、今日はクリスマス・イブですね。
ちっとも関係なくお仕事しておりますが、
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ~(^^)/


にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

ワークショップ作品、完成です

12/7の陶芸体験ワークショップ作品が焼きあがりました♪
超スピード仕上げです(^^;)
年内にお届けできて一安心。
DSC_0512
今回は、キズになったものもほとんどなく、
初めてとは思えない仕上がりのものもたくさんです。

お疲れさまでした&ありがとうございました(^^)/

これで年内のワークショップは終了です。
冬場は、粘土が凍るので、
ワークショップは春までお休みです~

暖かくなったら、また楽しんでくださいませ!


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

いい香りです~♪

楽天スーパーセールの思う壺って感じで、
小口販売のプリザーブドフラワーを買ってしまいました(^^;)

結晶釉の器に、入れてみるの巻き~
DSC_0538
ってことで、自己流ですが・・・
初めて作ったにしては上出来ちゃいます?って自画自賛。

ラベンダーが、と~てもいい香りです(*^-^*)



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

続いて本焼き

年内最後の普通焼き(?)です(^^;)
先日の陶芸体験ワークショップの作品たち。

DSC_0499

DSC_0500

DSC_0501


DSC_0502


DSC_0503

今回はゆったり焼いてます~(^^)/
この時点では、キズもなくいい感じに仕上がっていますよ♪


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

重箱たちも!

重箱たちも、素焼きしました~
仕切りのひび割れは、おさまりそうもなく。。。(T_T)

DSC_0494

まぁ、とりあえず、焼いてみます。
仕切りのない分は大丈夫そうなので(^^;)


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

体験作品素焼き中~

だいぶ乾燥が進んできたので、
年内にお届けできるように・・・と思い、
ゆっくり乾燥をかけながら、素焼きに入れています。

00150001

DSC_0489

DSC_0490

DSC_0491

こんな風に、窯の下から、順に積み上げていって、
棚にして、焼きます。

この間、買った新しい棚板も投入~
いきなり結晶焼きに入れたら、かわいそうな気がしたので、
とりあえず素焼きから(^^;)



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

陶器の小物入れ

こういうちっちゃいものを作るのは、実は大好きなんです。



ちょっぴり精巧さが必要なものとか、
密かに、もえちゃうんですよね~
って、最近気づきました(^^;)



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

型作り

少し前に、花びら型のお皿を作ろうと思い立って、
石膏型を起こすための試作をしたのだけど、
まさかの逆向きで作ってしまったので、
今度は、本番~ww

なんで、失敗したまま本番にいくの~?って感じですが、
とりあえず、一番小さいサイズで、本番~(^^;)

石膏型を作るための型を作りますー
綺麗にカーブが出るように、粘土で作った型に・・・、
DSC_0470
(かわいい~♪)

はがれるように布をかぶせて、
型紙通りにカットしたタタラ(板状の粘土)をそ~っと被せていきます。
DSC_0473
や~ん、かわいい~♪
って思ってるのですが、写真じゃぁ伝わりませんね、きっと(^^;)

実物は、ちっちゃいから、かわいいんです~
マケットじゃぁないよって感じです。

で、しばし乾燥ですー

作業は、まだまだ続きます(^^;)



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

お皿

普段、このタイプのお皿は、黒い土でしか作らないのですが、
どうしても、白いのが欲しくなって、Primaのシリーズで作ってます。
DSC_0424

釉薬と棚板が接触する部分は、釉薬がかけられず、焼き締めになるので、
その部分が白の場合、どうしても黒ずみが出てしまいます。
だから、普段は焼き締めに向いている黒い土を使うというわけです。

DSC_0426

でも、白いのが欲しかったので。。。
自宅用に作ってます(^^;)

どのくらい、黒ずみが気になるか、ついでに試してみようと思います。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

「○○焼」って言いますが…

「うつわの豆知識」 更新しました。
今回は、「○○焼」について(^^;)
「なに焼きですか?」ってよく聞かれるんです。いろんなところで。
でも、なに焼きでもないんですよね、うちのうつわ。
そんなお話を少し。。。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

仕切りは難しい~

この間の重箱が、だいぶ乾燥してきたので、
しきりにペーパーをかけて成形の仕上げをしました。

DSC_0468

黒豆とか、松前漬けとか、汁っ気のあるものを入れるのに、
仕切りがあったほうがいいな~と思って、
いくつか仕切りをつけておいたのです。

しかし、これはなかなか難しいのです。
予想通り、収縮率の都合で、
仕切りと本体のつなぎ目に亀裂が入ろうとしています。
ちょっと修正しましたが。。。

焼いたら、ひびが入るかもしれませんね~
そしたら、仕切りの意味がないじゃん!(^^;)


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

矢野款一・祐志 作陶展@徳島そごう

今日は、師匠の親子展にお邪魔しました♪
ご無沙汰ばかりの、ダメダメ弟子ですが、いつも快く迎えてくださいます。

実は、通信で勉強していた京都造形芸大の課題を焼いてほしいと、
面識もないのに、いきなり飛び込んだのが始まり(^^;)
まだ、祐志先生が弓町で工房をお持ちだったころです。

今思えば、さすがは「新人類」です、私ww

その頃は、まさか陶芸の仕事をするなんて思ってもいなかったし、
そんなつもりもなかったんですよね。
ただ、ちょっと趣味をエスカレートさせてみようと思っただけで。

しかし、本当にたくさんのことを教えていただきました。
今、私が轆轤を挽けるのは、師匠のおかげなんです。

へったくそな轆轤で、絵付け体験用の湯飲みを
山ほど挽かせてもらいました。
まさに、習うより慣れろですね~

もう十数年前のお話(^^;)

そんな話はさておき、
徳島そごうの5階、美術画廊で、
師匠とお父様の親子展が開催されています。

00140001

すみません。。。
師匠ではなく、作品の写真を撮らせていただきました~(^^;)

DSC_0484

12/12(月)までです。




にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

@鳴門ファミリー・サポート・センター

今日は、鳴門のファミリーサポートセンターで、
陶芸体験ワークショップでした。

DSC_0451

7名+ちびっ子1名で、にぎやかに楽しく陶芸体験です。
作ってるところの写真は、撮り忘れ・・・(^^;)
DSC_0452
思い思いの作品が出来上がっています♪

しばらく乾燥させてから、素焼き、施釉、本焼きの工程を経て、
お届けします~

年内最後のワークショップです。
この後は、しばらく寒すぎるので、
ワークショップは、春までお休みです。

寒いのが嫌なのではなくて、
寒すぎると乾燥している間に粘土が凍るからですよ(^^;)

まぁ、極度の寒がりではありますが。。。ww



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

冬のお花

シクラメンが出始めると、冬が来たな~って思います。
ガーデニング用のシクラメンは、けっこう逞しいですよね。
DSC_0419

3号ポットがぴったり入るように作った鉢カバー。

我が家では、底に穴が開いてる写真左のが、
そのまま水やりできると好評ですが、

一般的には、穴が開いていない写真右のほうを
お好みの方が多いようです。

ずいぶん前に作ったもので、もう在庫はないですが。。。(^^;)
我が家では、まだまだ活躍中です♪



にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

結晶釉ぐいのみ

口当たりが評判のぐいのみたち。
オンラインショップにアップしてます♪




焼き物を初めて売り始めたころ、
どうやって値段をつければいいか、色々と悩んだ時期があります。

結局、たどり着いた結論は、
仮に、再制作依頼を受けた時、
「嫌だなぁ」と思わない値段がベストかな?ということ。

結晶釉は、特に、失敗作が多い釉薬です。
それも含めて、例えば、
この値段で、これを30個作ってと言われたとき、
憂鬱に感じない値段。。。

私の場合、陶芸で、ガッツリ稼ごうなんて思っていませんが、
かといって、「これはボランティアかい?」と思うような仕事はしたくない。

だから、再制作が憂鬱ではない値段を意識して、
設定するようにしています。

始めてみてわかる色々なことの一つですね。

この口元のシリーズは、
他のものと比べると、割高感がありますが、
技と手間が必要な分、仕方がないのです(^^;)



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

バウムクーヘンに見えてきた

寒くなると、なかなか乾燥が進みません。
ひっくり返して乾燥させていると、
だんだん、バウムクーヘンが食べたくなります(^^;)
00090001

暖房をガンガンにかけてみたりしながら乾燥を調整して、
やっと削りました・・・
DSC_0433


こんな風になりました(^^)/
DSC_0439
お正月用。
うまく焼けるかが問題ですー(^^;)

結晶釉が垂れてしまったら、今年も普通の重箱で。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ

何を作っているでしょう?

昨日は、
こんなのやら~
DSC_0407
こんなのやらを、ろくろで挽きました。
DSC_0409
さて、何を作っているでしょう?

完全に試作品ですが。。。

季節商品は、先取りをして、
冬のものは夏に、夏のものは冬に作るのが、
どの業界でも当たり前だと思いますが、
私、どうもそれが苦手で。。。

昔、田舎のアパレルメーカーに勤めていたころは、
やってたのだけど、嘘みたい。ww

今年の冬、試作してみて、試用したのち、
改良を加えて、来年の冬発売するのが、合ってるかと…
つくづく商売には向いてませんね。
まぁいいや、マイペースで(^^;)

陶器は、そんなに流行激しくないしね。
って、そういう問題か?ww



にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村

陶芸 ブログランキングへ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ